株の情報



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


28件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[29] 新興株、今後3カ月は緩やかに上昇・06/10 17:55

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 6月13日(月)01時44分32秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

◇新興株、今後3カ月は緩やかに上昇・岩崎氏 好業績の銘柄に資金流入
06/10 17:55
<NQN>◇新興株、今後3カ月は緩やかに上昇・岩崎氏 好業績の銘柄に資金流入
 岩崎利昭・水戸証券投資情報部情報課課長 新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は今後3カ月間、緩やかに上昇するだろう。根強い円高への警戒感から大型株を手掛けづらくなっている。相対的に為替相場の影響を受けづらい新興企業の株には消去法で資金流入が続きそうだ。
 年初からそーせいなどバイオ関連株が相場上昇をけん引してきた。今後はバイオ以外にも金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」や人工知能(AI)など、将来の裾野拡大が期待されるテーマの銘柄に、個人投資家が買いを入れる構図は続くとみている。
 ただ、注目されるテーマの銘柄でも一本調子に上昇するとは限らない。2月中旬以降、マザーズ指数は将来の期待感から急速に上昇しており、過熱感が高まっているからだ。成長期待と好業績が両立する銘柄を選好する動きが強まるだろう。
 東京証券取引所は10日、無料対話アプリLINE(3938*J)の上場を承認した。規模が大きく知名度の高い銘柄で個人投資家に注目されているため、上場前後に保有する新興株に換金売りが出る可能性がある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕




[28] 株、秋口に1万7500円まで上昇か・山口氏 年末は円高で失速も

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月26日(木)02時32分29秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

株、秋口に1万7500円まで上昇か・山口氏 年末は円高で失速も
05/25 17:17
<NQN>◇株、秋口に1万7500円まで上昇か・山口氏 年末は円高で失速も
 山口真弘・SMBC信託銀行プレスティア・シニアマーケットアナリスト 2016年の日経平均株価は、秋口にかけて1万7500円程度まで上昇したのち、年末は伸び悩みそうだ。
 7月の参院選を前に市場では政策期待が高まっている。17年4月に予定する消費増税の先送りに加え、数兆円規模の補正予算を編成するとの見方が強まっている。こうした施策が打ち出されれば、足元で弱含む景気が上向く可能性が高く、株式相場は堅調に推移するだろう。もっとも1万7500円付近では戻り待ちの売りが出やすく、一段の上値を追う展開にはならないとみる。
 一方、米国では企業業績が振るわないなか、ドル高への批判が広がっている。11月の米大統領選で民主、共和のどちらの候補者が選ばれても、ドル高は容認しないとみられ、年末にかけては円高の流れが強まりやすい。日本企業にとっては海外での円換算収益の悪化につながり、今期業績の下方修正リスクが高まる。業績予想の引き下げが相次げば、日本株は再び失速すると予想している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



[27] <マザーズ>セレスが大幅高 改正銀行法成立でフィンテック関連高い

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月25日(水)15時13分48秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

◇<マザーズ>セレスが大幅高 改正銀行法成立でフィンテック関連高い
05/25 12:56
<NQN>◇<マザーズ>セレスが大幅高 改正銀行法成立でフィンテック関連高い
(12時55分、コード3696など)大幅に反発し、制限値幅の上限(ストップ高水準)の前日比400円(24.5%)高の2030円まで上昇する場面があった。現在は同水準で買い気配となっている。参院本会議で25日に金融とIT(情報技術)を融合させた「フィンテック」のサービスが使いやすくなる改正銀行法が成立した。フィンテック関連とされる銘柄に成長期待が高まり買いが集まった。インフォテリ(3853)やアイリッジ(3917)も高い。
 セレスはビットバンク(東京・渋谷)など仮想通貨「ビットコイン」関連サービスを手がける複数の企業と提携を進めている。岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは「セレスが運営するサイトとビットコインの交換が可能であり、仮想通貨の普及で中長期的な利用者の増加が期待できる」と話していた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



[26] 今日の株式、反落か 米株安が重荷、弱いGDPなら政策期待 05/18 07:49

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月18日(水)08時09分4秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

☆今日の株式、反落か 米株安が重荷、弱いGDPなら政策期待
05/18 07:49
<NQN>☆今日の株式、反落か 米株安が重荷、弱いGDPなら政策期待
 18日の東京株式市場では売りが先行し、日経平均株価は反落して始まる可能性が高い。17日の米株式相場が大幅に反落したのをきっかけに、利益確定目的の動きが広がりそうだ。焦点は内閣府が8時50分に発表する1~3月期の国内総生産(GDP)を受けた政府の反応だ。経済成長率が市場予想を下回り、消費税率引き上げの先送りや大規模な経済対策への思惑が強まれば日本株の支えになりそうだ。日経平均は1万6500円を挟んで荒い値動きになると予想される。

 17日の米株式相場は大幅に反落した。市場予想を上回る米経済指標が相次いだ。米地区連銀総裁から次回6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げの可能性を示唆する発言も複数あり、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ先送り観測が後退した。米株安で運用リスクを回避する動きが広がり、一時1ドル=109円台後半まで下落した低金利通貨の円は下げ渋った。

 シカゴ市場の日経平均先物6月物(円建て)の17日の清算値は大阪取引所の日中取引の終値を145円下回る1万6555円だった。ミニ日経平均先物6月物は大取の夜間取引を1万6590円で終え、17日の清算値を110円下回った。先物に売りが先行する可能性が高く、ファストリやファナックなどの値がさ株に裁定取引の解消に伴う売りが増える可能性が高い。

 焦点は1~3月期GDP速報値を受けた政府の反応だ。市場予想の中心は物価変動の影響を除いた実質で前期比年率で0.3%の増加にとどまっている。仮に15年10~12月期に続きマイナス成長に陥れば、消費税率引き上げの先送りや財政出動を伴う景気対策に踏み切るとの期待が高まりそうだ。18日付の日本経済新聞朝刊が「安倍晋三首相は18日にも公明党の山口那津男代表と会談し、17年4月からの消費税率10%への引き上げの再延期を巡って協議する」と報じたこともあって思惑を誘いやすくなっている。

 18日は日立の東原敏明社長が同社の経営方針説明会に出席する。営業黒字の子会社を連結対象から外し、あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」に経営資源を集中する方針を示してから株価は上昇基調にあり、上昇に弾みを付けられるかどうか注目される。相川哲郎社長の辞任やプラグインハイブリッド車(PHV)でも机上計算で燃費の基になるデータを算出していたと伝わった三菱自への関心も高い。

 GDP以外の経済統計では日本政府観光局が取引終了後に発表する4月の訪日外国人客数が注目される。海外では4月26~27日に開いた米FOMCの議事要旨が公表される。〔日経QUICKニュース(NQN) 滝口朋史〕



[25] ☆今日の株式、続伸か 米国株高が支援材料 三菱UFJに関心 05/17 07:57

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月17日(火)09時01分5秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

☆今日の株式、続伸か 米国株高が支援材料 三菱UFJに関心
05/17 07:57
<NQN>☆今日の株式、続伸か 米国株高が支援材料 三菱UFJに関心
 17日の東京株式市場で日経平均株価は続伸か。前日の米国株式相場の上昇を受けて投資家心理が改善し、運用リスクをとる動きが出やすい。為替相場が円安・ドル高方向で推移しているため、輸出企業の採算が悪化するとの懸念も後退する。一方で積極的に買い進むほどの材料には乏しいとの見方もあり、上値は限られそうだ。

 16日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発し、前日比175ドル高の1万7710ドルで終えた。原油先物相場の急反発を背景にエネルギー関連株や素材株を中心に買いが入った。シカゴ市場の日経平均先物6月物(円建て)は1万6610円と、大阪取引所の清算値を90円上回った。朝方の日経平均も買いが先行する公算が大きい。
 17日未明の大阪取引所の夜間取引でミニ日経平均先物6月物の終値は1万6620円と、日中取引の清算値を100円上回った。売買高は18万8208枚だった。

 外国為替市場では円相場が1ドル=109円近辺と、前日に比べ円安・ドル高水準で推移している。輸出採算の悪化に対する懸念が薄れて輸出関連株に買いが向かいそうだ。
 もっとも、17日付日本経済新聞朝刊によれば「主要企業360社が今期(2017年3月期)見通しの前提とする想定為替レートは1ドル=110円としたところが過半を超えた」という。現状でも実勢よりやや円安の設定で、さらに円高に進めば企業収益の下振れリスクが高まることになる。株式市場が為替相場の動向にかなり神経質にならざるをえない状況は変わらない。新規の買いを呼び込むほどの材料に乏しいとの声も多く、低調な商いが続くとみられるなかで上値は限られよう。

 三菱UFJに注目が集まる。16日の取引終了後に公表した17年3月期の連結純利益の目標値は8500億円で、前期比11%減る。市場予想も下回り失望を誘う内容だった。一方で1000億円を上限とした自社株買いも発表しているため需給改善を期待した短期資金が入りやすく、売り買いが交錯しそうだ。電通は16年12月期の業績予想を引き下げており、売りが膨らむ可能性が高い。

 きょうは経産省が13時30分に3月の鉱工業生産指数確報・稼働率指数、投資信託協会が取引終了後に4月の投信概況を発表する。海外では4月の米消費者物価指数(CPI)や米鉱工業生産、米住宅着工件数が発表される。〔日経QUICKニュース(NQN) 内山佑輔〕



[24] ◇日本株ADR16日、ほぼ全面高 ホンダや野村、京セラが高い 05/17 05:14

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月17日(火)06時22分41秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

◇日本株ADR16日、ほぼ全面高 ホンダや野村、京セラが高い
05/17 05:14
<NQN>◇日本株ADR16日、ほぼ全面高 ホンダや野村、京セラが高い
【NQNニューヨーク=岩切清司】16日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)はほぼ全面高の展開だった。米株式相場の上昇に連れ高した。ホンダや野村、京セラ、三井住友FG、キヤノンが上げた。NTTは下げた。



[23] ◇新興株16日、ジャスダック続落 マザーズ指数は6.8%安  05/16 16:07

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月16日(月)21時55分25秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

◇新興株16日、ジャスダック続落 マザーズ指数は6.8%安
05/16 16:07
<NQN>◇新興株16日、ジャスダック続落 マザーズ指数は6.8%安
 16日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅に続落した。終値は前週末比17円48銭(0.69%)安の2507円93銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で837億円、売買高は1億3066万株だった。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20は3日続落した。マザーズ上場のバイオ関連株が急落し、ジャスダック銘柄にも売りが優勢になった。ドーン、アイサンテクが下落した半面、アスコットとFVCが上昇した。
 東証マザーズ指数が急反落した。終値は前週末比81.65ポイント(6.8%)安い1125.37と4月18日以来、約1カ月ぶりの安値を付けた。下落率は2月12日以来約3カ月ぶりの大きさとなった。そーせいが13日に今期の業績を発表したのをきっかけに、利益確定の売りが膨らみ15%安と急落した。他のバイオ関連株にも売りが広がり、グリンペプは制限値幅の下限(ストップ安水準)まで売られた。ブランジスタも大幅安となった。
 IoT(モノのインターネット化)関連のJIGSAWは、2016年1~3月期の収益水準が、単独決算だった前年同期を下回り、売りが膨らんで日中は取引が成立しなかった。一方、アカツキはストップ高となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



[22] 東証大引け、5日ぶり反落 戻り売り優勢 収益悪化銘柄にも売り 05/13 15:41

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月13日(金)16時00分38秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

◇東証大引け、5日ぶり反落 戻り売り優勢 収益悪化銘柄にも売り
05/13 15:41

<NQN>◇東証大引け、5日ぶり反落 戻り売り優勢 収益悪化銘柄にも売り
 13日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落し、前日比234円13銭(1.41%)安の1万6412円21銭で終えた。前日まで4日続伸して上げ幅が500円強となっていたため、戻り待ちの売りや利益確定を目的とした売りが出やすかった。決算発表が本格化して市場予想を大きく下回る今期見通しや、収益見通しの悪化を発表した企業の株式にも売りが出た。
 日経平均は上昇する場面もあった。朝方は為替相場が円安・ドル高で推移していたため、企業の輸出採算悪化への不安が薄れて投資家心理が改善し買いが先行した。きょう上昇すれば今年に入り初めての5日続伸だったが、買いは続かなかった。
 下落に転じると、下げ幅を200円超に広げた。日本時間の今晩には4月の米小売売上高や5月の米消費者態度指数が発表される。米経済指標の発表を前に買いが手控えられたところに、大引けにかけてややまとまった売りが持ち込まれ、この日の安値圏で終えた。
 JPX日経インデックス400は反落し159.09ポイント(1.32%)安の1万1928.21、東証株価指数(TOPIX)も反落して終値は17.08ポイント(1.28%)安の1320.19だった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5395億円。売買高は25億197万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1487と全体の76%強を占めた。値上がりは410、変わらずは54銘柄だった。
 三菱ケミHDが決算を嫌気して売られたほか、国際石開帝石や石油資源の鉱業株、浜ゴムやブリヂストンのタイヤ株に売りが目立った。トヨタやホンダも下げた。値がさ株のファストリやファナックも安い。12日に日産自が出資を正式に発表した三菱自は大幅高で始まったが、下げて終えた。
 一方、日産自は大幅に上昇した。決算を手がかりにハウスや大成建も上げた。小野薬や塩野義の医薬品株の一角も上げた。
 東証2部株価指数は小幅に反発した。アイレップやタカトリが上げ、ケーエフシーやJトラストが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



[21] 東証後場寄り、上げに転じる 円安で買い戻し、富士重7%高 05/12 12:59

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月12日(木)13時43分25秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

東証後場寄り、上げに転じる 円安で買い戻し、富士重7%高
05/12 12:59

<NQN>◇東証後場寄り、上げに転じる 円安で買い戻し、富士重7%高
 12日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は一時は上げに転じるなど前日終値(1万6579円)付近で推移している。外国為替市場で円相場が一時、円安・ドル高に転じた。自動車株など輸出関連株に買い戻しが入り、相場を押し上げた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は下げ幅を縮小した。

 後場寄り付き後に前期決算と自社株買いを発表した富士重は前日比7%高まで上昇する場面があった。

 前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約260億円成立した。

 12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1710億円、売買高は11億4454万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1071で前引けから減った。値上がりは740、変わらずは138銘柄だった。

 昼に16年3月期の純利益が69%減だったと発表した千代建が下落した。HOYAやキーエンスも安い。NTTドコモやJTが売られた。一方、ソニーや村田製が後場に一段高。ダイキンや任天堂も買われた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



[20] 東証10時、下げ一服 トヨタ下げ渋りで不安後退、三菱自は買い気配 05/12 10:11

投稿者: 内藤晃一 投稿日:2016年 5月12日(木)11時17分20秒 softbank126114223023.bbtec.net  通報   返信・引用

東証10時、下げ一服 トヨタ下げ渋りで不安後退、三菱自は買い気配
05/12 10:11

<NQN>◇東証10時、下げ一服 トヨタ下げ渋りで不安後退、三菱自は買い気配
 12日の前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げが一服している。前日比100円安の1万6400円台後半で推移している。トヨタが前日に今期の大幅減益見通しを発表したが、株価は4%安程度で下げ渋り、ひとまず株式相場全体の過度な下振れ懸念が後退した。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小安く推移している。

 朝方に日産自との資本提携について12日開催の取締役会で議論する予定だと発表した三菱自は気配値を制限値幅の上限(ストップ高)水準まで切り上げた。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6135億円だった。売買高は5億9118万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1275と、全体の66%を占めた。値上がりは517、変わらずは150銘柄だった。

 武田や小野薬が下落した。ホンダや村田製が下げた。17年3月期の純利益が2%減と発表した住友化も売られた。一方、ソニーやディーエヌエが上昇した。16年3月期の純利益が過去最高だったと発表した明治HDの上げが目立つ。原田泳幸会長兼社長が退任すると発表したベネッセHDは上げた。

 東証2部株価指数は反落。アイレップやRVHが下げた。一方、ぷらっとやタカトリが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


レンタル掲示板
28件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.