teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


自己肯定

 投稿者:雨に濡れた仔犬  投稿日:2017年 8月23日(水)11時24分6秒 sp49-104-7-118.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  仕事でミスして、仕事で過労になって、仕事を辞めるより死んでしまいたいという声をテレビで放送していた。あなたは生きているだけでいい、生まれてくれて嬉しいと言ってもらった記憶がないからかな。
私もあんまりないなぁ。いつも自分を責めてたなぁ。
どうやって抜け出したのかなぁ。先ゆく人の話しを聞き、聞いてもらったことが大きかったかな。
 
 

 投稿者:草原のライオン  投稿日:2017年 8月22日(火)10時35分22秒 zaq31fb66cf.zaq.ne.jp
返信・引用
  老猫と同居している。でも、彼は食事を取りに家に入る以外、ほとんど外にいる。今はたいてい、戸口のコンクリートの上か、隣家のガレージの上かで、一日寝ている。首輪をしていないので、野良みたいだ。「餌が欲しい、外に出たい」ときは、要求が通るまで、大きな声で鳴き続ける。たまに喋るかのように文句を言ってる、らしい。これだけは、人間みたいで笑える。それ以外は、互いに干渉せずに暮らしている。  

出会いを待つ

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 8月22日(火)07時43分28秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  私は、子供を欲しいと思えなかったので、子供を作らなかった。結婚してから「子供はまだか」という質問攻めが、辛かったし、子供を欲しいと思えない自分を相当の時間責めてきたし、今も責めている。

将来、猫を飼いたいと思っているけど、今、どんな猫ちゃんと出会いがあるか、楽しみ。ケージはどうするか、キャットタワーも手作りにしようかなど、考えるとウキウキするし、待ち遠しい。きっと、子供を欲しいとシンプルに思える人は、こうやって生まれてくる子供のことに思いをはせ、楽しみにするんだろうな…って思う。私は、人に悪く言われないために子供を作ると思っていたので、子供のことを考えても、気分が悪くなるだけで、楽しみなんて思ったことがなかった。でも、猫を飼おうと思ったら、出会いを楽しみに待つ幸せを感じることができた。きっと猫との出会いがなかったら、こんな気持ちは感じられなかったと思う。

豊かに生きるという言葉がある。私は、お金がたくさんあることかな?って思っていた。頑張って仕事もしたけど、人間関係が原因でやめた、結果、傷つき、やりがいも、お金も、やる気も失せて豊かとは程遠い生活で、自暴自棄、やぶれかぶれになっていたけど、豊かな生活って、無駄なものが買えるほどのお金があるのではなくてこうゆう楽しみがあるっていうことなんじゃないかって思っている。あまり急がず、かわいい猫ちゃんと出会う日まで楽しみにして待とうと思う。
 

里帰り

 投稿者:草原のライオン  投稿日:2017年 8月16日(水)21時22分52秒 zaq31fb66cf.zaq.ne.jp
返信・引用
  ご近所の結婚した子供たちは、その子供たちを連れて車を連ねて、しばしば親元へ来る。
毎週のように来る人もいる。幼い子供の声が響く。孫を迎えて、楽しいのだろうな。でも、今まで、実感がなかった。

今日気が付いた。健全な人たちにとって、家族は楽しむためにあるのだと。楽しいから家族を作るのだと。その関係は子供たちが自立して自分の家族を持っても続くのだと。

傷つけあう家族に育ったから、分からなかったのだ。
分かったら、何かが変わるかな。変わるような気がする。
 

人を怒らせない

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 8月14日(月)15時00分15秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  私は、我慢していると何回か書き込んだけど、今思い返してみると、私は人を怒らせないということを目標にしてきたような気がする。もちろん、対象は父と母。二人は、陰湿で、どちらかが機嫌が悪くて、父も母も突然逆切れする人だった。

今日の嵐の方向はどちら向きか?どうしたら、どちらかを怒らせないか?嵐にならないか?ばかり気にして、親の顔色ばかりうかがって生きてきた。前にも書いたけど、いまだにその癖が抜けない。対象が両親から義理の親、夫に代わっただけ。

親のどちらかが逆切れすると、自分は価値のない人間だという感じになるので、嫌だった。だから、顔色をうかがい、機嫌をとった。そうやっているうちに、自分の「嫌だ」という気持ちは置き去りにしていたと思うが、それに気づいたのも、最近なんだ。

夫は両親よりずいぶんましな人なので、相手の機嫌が悪くなるだろうと予測ができても「嫌だ」と言ってみた。その時、夫はすごく変な顔をして、明らかに機嫌を悪くした様子だった。でも、私は私の「嫌だ」という気持ちを押しつぶさなかった。その結果、夫と関係が悪くなったわけではない。私の気持ちの中に「わがまま言ってごめんね」という気持ちがある。こんな気持ちは、「嫌だ」を言わなかった時は感じたことがなかった。

以前、「人間関係は押したり、引いたりするものだ」みたいなことを聞いた。その時は、引いてばかり、我慢してばかりだったので「は?何それ」としか思えなかったけど、今は、何となくわかる気がする。私のわがままを聞いてもらったりするので、相手への感謝の気持ちも生まれてくるけど、自分の「嫌だ」という気持ちを我慢してばかりいると、相手への感謝どころか、「こんなに我慢しているのにあなたは何なのよ」という気持ちしか生まれないような気がする。
 

今日の出来事

 投稿者:みな  投稿日:2017年 8月10日(木)23時12分42秒 KD027085028110.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  この夏から、お盆休みがゼロ日に。

13人シフトに6人欠員、7人で回す。
有給とってたところを取消しての連日連勤。

夕方目眩と痺れが来て座り込んだ。
脳梗塞クモ膜下と脅かす奴いったいなんなの。役にも立たんし。

女性職員の対応早くてポカリ飲まされ保冷剤仕込まれ、で生還。。
老い支度もまだなのにまだ死に支度は整っとらんわ。。。

うさぎさんの記事見て
良かったね。。って思った。
時間をかけて少しづつ、がとても大事だね。って。


 

父に

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時25分14秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  何か不満など言いたいことがある時、20歳前まで、息ができなくなるくらいこみあげてきて、涙が出てきて、何も言えなかった記憶がある。

3歳より前、お風呂に入りたくないとぐずっていた私を顔が腫れるまで父が殴ったと母から聞いたことがある。もちろん、小さすぎて私の記憶はない。その時の恐怖が体に染みついていて、父に何か言おうとすると、恐怖がこみあげてきて、何も言えなかったのかもしれない。なんで、こんなにこみあげてくるのか、自分でも不思議だった。父は親戚の人に、親に反抗できないように殴って体に覚えこませたと自慢げに言っていたことがある。父は、面白くないことがあると私や母に「食わせてもらっとるだけでありがたいと思え!」と言って私たちを脅していた。父の稼ぎで食わせてもらっているのだから稼ぎのないやつは自由に発言するな、ということなのだと思う。

父はすでに死んでいるけど、いまだに私の考えの中に「食わせてもらっとるだけでありがたいと思え」というレコードが流れている。結婚して父と離れた後でも、その言葉の対象が夫や義理の親になり、そう言われていなくても、そう言われているような気がして、不満や怒りをストレートに感じられない、自分の怒りを自分が受け止められない、食わせてもらっているだけでありがたいので、不満など言ってはいけない。と無意識のうちに思っていた。

高校球児が親に感謝したりしているけど、私は、無理だなと思う。誰に食わせてもらっとるんだ、食わせてもらっているだけでありがたいと思え、だから文句は言うなという基本的人権を踏みにじるような親に感謝などできないし、父の暴力、暴言が私に与えた負の影響は、50歳になる私を苦しめている。もちろん、私たちに暴言を吐きながら、仕事はやめずに行っていたので、人並みの生活はさせてくれた。でも、その暴言にさらされ続けると、感謝なんてできない。親に感謝できる人って親に大切に育てられた幸せな人たちなんだと思う。

このシステムに気づいて、「私は嫌だと思っている、私は我慢をしている」ということを自分がやっと受け止められるようになってきた。食わせてもらっているから申し訳ないので、怒りを感じないように、夫、義父を怒らせないようにするのではない。我慢をしてるし、嫌なものは嫌だと、そう感じている自分の味方になってやりたいとやっと思えるようになった。父の「誰のおかげで食わせてもらっとるのかわかるか」という言葉から少しだけ解放されたような気がする。これに気づくまで、本当に長い道のりだった。

去年から様々な「嫌」という感情を感じるようになり、必要な時は「嫌だ」というようにしている。なんとなくいいような気がしている。少しずつ解放されてきている感じがする。
 

我慢している

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 8月 8日(火)08時46分1秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  専業主婦だと「気楽に生活している」と私も思っていたし、世間でもそう言われがちだと思う。お盆が近づいてきて、義理の妹が子供を連れて泊りに来る。私は、いろいろな事情であいつらが来ると、気分が悪くて仕方ない。連休以外でも何の用事があるのか知らないけど、よく母屋に来ていて、むかむかする。義理の親が嫌いだからと、猫も飼えない。義理の親が死んだら飼ってもいいと夫は言うけど、一体、何年、何十年先の話なの?と思う。そのころ、私の寿命も少なくなっているだろうし、それまで、私は我慢しなくてはいけないのか。義理の親の存在にもイライラする。これが、気楽な生活と言えるのか?

昨日、夫に「義理の妹が来るときは、この家にいたくないし、嫌なんだわ!」と言ってやった。そしてら、すごくすっきりした。今までは、「義理の妹が来ると、辛い」と夫に言っていたけど、「辛い」と言うと、私の問題みたいな感じがして、弱弱しい感じがするけど、「嫌、嫌い」というと、力強い感じがする。どうして嫌なのかとかは、この際、どうでもいい。嫌なものは嫌だし、この家にいたくないものはいたくないのだから。もう、お盆は辛気臭い夫とも一緒に居たくないくらいだ。

もちろん、金を稼がないと明日食べるコメもないという状況ではないから、その点では気楽な生活だと言える。でも、金を稼いでくる代わりに、隣に住む義理の親との関係で、相当な我慢を私はしている、と気が付いた。この生活は、気楽で楽しいものではない。

今まで、こんな気楽な生活をさせてもらっているのだから、不満は言ってはいけない。と思っていたけど、そんなにへりくだっている必要はないと思った。こんなに我慢している自分をいたわってあげてもいいと思う。
 

リベンジ

 投稿者:草原のライオン  投稿日:2017年 7月31日(月)21時11分31秒 zaq31fb66cf.zaq.ne.jp
返信・引用
  「誰かに必要とされていないと、生きていても仕方ないような気持ちに時々襲われる。」
でも、これって割と普通のことで、むしろ「必要とされる人になりなさい」とか「人のために尽くしなさい」とかって、よく聞くお説教だ。
結局、「適度に」ってことなのかな。
今日、この感覚は「父親の持っていた感覚」を引き継いだんじゃないかと気付いた。
父も「自分は要らない子なのではないか、だから誰かに必要とされていないと途端に不安になる」という気持ちをずっと持っていたんだと思う。
そして、私は生活の色々な面で、父の望みを代わりに果たすという「リベンジ」をやってきたように思う。
気付いたら、自由になれるかな。
 

さみしい

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 7月28日(金)10時49分11秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  いがみ合う家族。毎日の生活で、癒されることがほとんどない。猫ちゃんが来て、なでなでしたとき、どんなセラピーを受けた時より、癒されたと思った。

今は、無理でも、将来、猫を飼いたい。毎日「かわいい」を感じたい。いがみ合うばかりはもう嫌だ。義理の親が他界したら、考えようと夫が言う。早くその時が来ないかな。もしかしたら、縁があったらその前に飼うかも。そう考えると将来が楽しみ。今まで、明るい未来なんて考えたこともなかった。今死んでもいいという思いばかりだったけど、少しは未来に希望がもてる感じ。

私が、専門家に受診するきっかけになった本に「人間関係がうまくいかない場合、ペットばかり大事にするようになる」という事が書いてあって、私は、それではだめなんだと勝手に受け止めていた。その当時犬を飼っていて、人とうまくいかないので犬に依存していた私は、その本の影響で、自分を変えようとカウンセリングに行きはじめた。でも、今はペットを大事にして、自分が癒されればそれでいいんじゃないか?って思う。自分が癒されるのが大切だから。これまでは、その本を信じていて、ペットを飼うなんて考えもしなかったけど、もう、その本に自分が縛られる必要はないと思う。

 

レンタル掲示板
/8