teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


感じること

 投稿者:草原のライオン  投稿日:2017年 4月22日(土)21時04分28秒 zaq3d73bf02.zaq.ne.jp
返信・引用
  フラッシュバックがなくなったら、怒りや悲しみといった負の感情もなくなるという幻想を抱いていたことに気付いた。
回復しても、生きてる限り悲しみや怒りや恐れはあるということ。なのに、私は相変わらず負の感情を恐れ、感じないようにしているということ。
これからは、喜びや嬉しさと同様、負の感情にもちゃんと向き合おうと思う。

 
 

私の欲しかったもの

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 4月22日(土)10時59分11秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  私には妹がいて、小さいころから最近まで私と妹は、共依存関係で私は彼女を守り、かばっていた。小さくてかわいい妹に自分のチャイルドを重ねていたのだと思う。

妹を守る一方で、私も誰かに守られたいという欲求は満たされず、誰かに守ってほしい、とおばけのようにその欲求は膨らみ、でも親を超えるほどの誰かに出会うことはできず、不満で一杯で、肝心の親には弱音一つ言えない、甘えられない状況が長年続いていた。もちろん、これは、甘えられない私が悪いわけではなく、甘えさせてくれる余裕が全くない親にも問題があると思っている。

しかし、ここ一年で、妹との共依存関係から私は抜け出そうとした。妹と距離をとることで、複雑な思いが沸いてきたけど、それをやった結果、母に弱音を言える自分になり、母から暖かい言葉をもらうこともできた。私が、何十年も望んでいた母からの暖かい言葉を、妹ととの共依存関係を手放すことで、手に入れることができた。母から、暖かい言葉をもらえたと言って、私の思い込みやトラウマがなくなり、今の人間関係での問題がなくなるわけではない。でも、母から、一言でいいから私を思いやる言葉をもらえたことは、もらえてなかった今までとは、自分にとって大きな違いがあるような気がしている。多分、私を守ってくれる親を超える何か、誰かを貪欲に探さなくてもいいということが大きいと思う。

私は、妹を通して、自分のチャイルドを守っているつもりでいたけど、私のチャイルドは守れていなかったんだと思う。そして、こんな、まやかしや嘘は嫌だとチャイルドは、私に訴えていたんだと思う。だから辛かったんだと思う…私のチャイルドは誰かを通して、心もとない私に守られるのではなく、本当は、親に守ってもらいたかったんだとやっと気がついた。たった一言でも母が私の見方になってくれている言葉をもらったことが、本当に本当にうれしいことだった。やはり、親は偉大な存在だと思った。
 

このパソコン

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 4月20日(木)13時40分50秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  つい最近買い替えたばかりなのに、昨日、夫に水をこぼされた。メーカーに問い合わせてみると、修理に8万かかるとのこと…8万だと、2台買える。夫のスマホの面倒も私がみていて、パソコンの購入、設定等すべて私任せだ。メーカー保証も、5年にしたりしていたのに、水をこぼしたら、何年もつかわからない。次、買い替えるときは夫の小遣いで買ってほしい。スパーのチラシを見て、肉の安い日や卵の安い日など、節約しているのに、なんのために節約しているのか全然わからない。働いていたころは、無駄使いもできたのにな~…嫌になるわ…  

力が抜けてきている

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 4月18日(火)12時24分12秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  昨日、ネットで「親に愛されない」みたいなキーワードで検索してみた。前はよく本を読んだりしてACのことを考えたりしたけど、今はほとんどない。そしたら、大人になっても人間関係とかうまくいかないので、生きづらいことがある、子供を愛せないのは親の問題で、子供の問題ではないと書いてあった。わかっていたことだけど、腑に落ちた感じだった。私は、当然のように親に愛され、生き生きと生きている人がいる一方で、私は親から愛されず、友達ともうまくいかず、親の問題に振り回され、子供も欲しいとも思えない自分が悔しくて、悲しくて、腹が立って、むなしくて仕方がなかった。せめて、仕事をして、人の役に立っているという充実感を味わいたい、生まれてきた意味を感じたいと思って、一生懸命仕事をした。でも、それもうまくいかなかった。つい最近まで、その取り返しのようなことをしようとやっきになっていたけど、何か、もういいんじゃないかなその作業、と思えるようになり、楽になってきている自分を感じた。
親から愛されず、友達ともうまくいかなかった。頑張って仕事もしたけど、それもうまくいかない。子供も欲しくない自分。そんな自分で仕方ない。私は、私がやれる努力はした。もともと、この問題の発端は母から愛されなかった事が原因、子供を愛せない母が悪いのであって、私が悪いわけではないのだから。何回か書いたけど、今はお腹がすいたら、食べたいものを作って食べる。そんな毎日の繰り返しで、生まれてきた意味とかもう、どうでもいい。それでいいと思う。
 

見捨てられ不安

 投稿者:  投稿日:2017年 4月17日(月)21時26分48秒 zaq3d73bf02.zaq.ne.jp
返信・引用
  16年前「世界中の人が私を見捨てても、私は私を見捨てない」と、初めて出あった仲間が言ったことを今もはっきり覚えている。
マザーテレサを多くの人が尊敬し、希求するのは、「どんな状況でも彼女は私を見捨てない」と思うからではないか。そういう人に会いたい、そういう人がいて欲しい。
また、「この人と話していれば、楽しい、心がどんどん軽く自由になる、自分がとても好きになれる」そんな人に会いたい、ずっと一緒にいたいと思う。
で、最近思うのは、もういい年なんだから、他者の中にそういう人を探すのではなく、自分がそういう人になればいいのだということ。
簡単ではないけど、方向としてはそういうことではないだろうか。
 

何というか…

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 4月 5日(水)08時25分14秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  先日まで夫の仕事で、住み込みで県外に行っていた。そこは、夫の友人の現場で、改装の工事をしていて、食事つくり、私の気分転換もかねて、一緒に行った。前日に、夫のもう一人の友人が工事の打ち合わせに来ていて、その家に一泊した後私たちが行った。もう一人の友人も、夫と同じ仕事をしているが、仕事を一つもやらずに、しゃべって帰った。その上、そいつが食べた朝ご飯のごみをテーブルの上にだしっぱなしだった。次に私たちがそこで過ごすのだから、ごみくらい、持って帰るかせめて、ごみ箱に入れるかすればいいのにと思った。ここは、ホテルでもないし、私は、掃除のスタッフではないのにな、と思った。彼は、白の外車に乗り、白の服を着て、金持ち気取りなのか、埃だらけになる仕事など一向にする気もないような装いだった。工事の依頼主の友人も気が利かない。家庭ごみを全然捨ててないので、トラックに積んで帰ってきて、今日夫に捨ててもらった。自慢ではないけど、夫はほこりまみれになって仕事をするし、ゴミ出しも気を配ってくれる。工事の依頼主の無理も、対応している。親族関係については、どうかと思う面もあるが、尊敬できる人だと感じた。  

医者って大変…

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 4月 1日(土)21時49分17秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  私は小さいころから体が弱くて、病院通いや入院をしていた。親に大切にされていなかったので、医療従事者が、真剣に私の体を見てくれるのがとても心地よかった。だから、医者や看護師に親のような期待をしていた。前から書いてるけど、筋腫の治療のため、長年、婦人科にかかっている。ついにホルモン剤が再開になり、自分の体へのイライラと、治療が嫌なため、先生に半泣きで、「嫌だ」と言ってしまった。今は、ちょっと言い過ぎたかな…と反省してるけど、私の中で、親のような存在であった医師が、ただの医師になったことと、医者って患者に八つ当たりされて大変な仕事だと思った。治療がうまくいけばありがたがられることもあるけど、慢性の病気になると治癒は難しくて、八つ当たりもしたくなるし、得意のいい子もいつもやっていられない。診察室の扉を閉めるとき、先生がいつもより小さくて悲しそうに見えた…医療従事者ってやっぱり大変だわ…生理がなくなるまで、あと何年なんだろう…もういいのにな…  

いい変化

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 3月29日(水)18時45分22秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  たまには、いいことも報告できる…あるテレビを見ていて「本当とは何かを追求していくことがいいことだ」みたいなことを言っていた。私の受け取り方が変なのかもしれないけど、「なんか、大変そうだなそれって…」って思ったのと同時に、一年前の私は、そういうフレーズが結構好きで、本当の何かが見つかるに違いない、と思って、必死だったこと、そして、何かを見つけられないことを焦って、自分を責め立て、追い込んでいたこと、そして、何よりつらかったことを思い出した。

本当のことなんて、よくわからないし、わからなくていいんじゃないかって思う。わかることと言えば、時間がたてば、お腹がすくこと、お腹がすいたら食べたいものを作って食べることくらい。毎日、それの繰り返し。それでいいと思うようになった自分に気づき、私、変わったな。難しいことを考えなくなったし、楽になりつつあるな…って思った。変化は、本当に少しづつだと思う。
 

地方、切り捨て

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 3月23日(木)19時09分22秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  ま、今に始まったことじゃないんだけど、いつも利用していたスーパーが閉店した。この田舎でも、少しだけ都会的で、定員さんも客を客として対応してくれるところだった。閉店したので、別のスーパーに行かざるを得ないんだけど、レジの定員も方言ばかり使い、感じが悪くて、できるだけ、行きたくない。町に行けば、新たなスーパーが立ち、にぎわっているけど、田舎は切り捨てだ。仕方ないんだけど、おかしなスーパーに買い物に行くしかないとなると、本当にストレスだ。  

やっと元気が

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 3月17日(金)18時15分31秒 pc132250.amigo2.ne.jp
返信・引用
  出てきた。シイタケの栽培を義理の親がしていて、シイタケを売っているわけではなく、親戚にあげたりする目的でやっている。自分たちのできる範囲でやってくれるのは、あの人たちの自由なので構わないが、結局、体力がなくなり、自分たちではできなくなり、夫に仕事を休んでやってほしいと言われた。夫は有給などないので、休んだら日当がなくなるので、それは私は嫌だ。だから、私も手伝い、大量のシイタケの木を運び、大量の菌を植え付けた。一日中、日の当たらない杉林の中での作業なので、寒くて、花粉症も悪化して、本当に辛かった。
義母の言い方に腹が立ったので、作業が終わった翌日「シイタケで仕事をやすんでいたら何をやっているかわからないから、夫が休みの日に頑張ってやるしかない。今日から夫は遠方に出張なのでえらいと思うし、かわいそうだ」と言ってやった。そしたら「それは、申し訳なかった」と言っていた。一緒にシイタケの仕事をすれば作業はトロトロしとるくせに、嫌味しか言わんし、夫に休んでもらうのが当然のような言い方、どうにかならんのかな。休んだら、あんたが日当を払えよ!と言いたいくらいだった。
肉体的な疲れと、イライラでここ二日くらいぐったりしていたけど、ようやく正気に戻ってきた感じがする。本当にじじいとばばあは仕方ないわ、早く消えてくれ
 

レンタル掲示板
/3